脱毛の種類

脱毛の種類
最近は様々な脱毛サロンが増えていますね。
でも実は、その脱毛方法には様々な種類があるのです。

 

もちろんそれぞれにメリット・デメリットもあります。
今回は、脱毛の種類について詳しく見ていきましょう。

 

レーザー脱毛

脱毛の種類
いわゆる医療脱毛の呼ばれる物が、このレーザー脱毛です。

 

レーザーは黒い色にだけ反応して、その部分を焼き切ってしまいます。つまり、ムダ毛のある部分にレーザーを当てれば、黒いムダ毛の毛根だけを焼き切ってくれるという仕組みです。

 

このレーザー脱毛は永久脱毛が可能ですが、その代わり医療行為扱いとなるので、病院でしか施術する事ができません
いわゆる医療脱毛と言われる理由です。

 

メリット
  • 出力が強いため脱毛効果が高い
  • 施術回数が少ない
  • 広範囲に施術できる

 

デメリット

 

  • 痛みがある(ゴムで弾かれたような痛み)
  • 色素の薄い毛には効果が出づらい
  • サロン脱毛よりも高額
  • サロン脱毛に比べ実施医療機関が少ない

 

 

光脱毛

脱毛の種類
サロン脱毛の主流は、この光脱毛です。

 

レーザー脱毛の出力を弱くしたようなイメージで、同じく黒いムダ毛の毛根にダメージを与えてくれるという仕組みです。ただしレーザーのように焼き切るほどの効果は無いため、あくまで永久脱毛ではなく、ムダ毛を極力薄くしていくというイメージです。レーザーよりも光が弱いため、お肌にも良いと言われています。

 

また、光脱毛は大きく分けて更に2種類の方式があります。
一つ目はSSC脱毛です。
独自開発した抑毛効果・美白効果のあるジェルを塗る事で、より負担や痛みが少なく、かつ脱毛効果をアップさせています。

 

もう一つはIPL脱毛です。
広範囲に施術できる他、毛質の異なる毛にもそれぞれアプローチできるため、全身脱毛に適しています

 

 

メリット
  • 痛みはほとんど無い
  • 価格がお手頃
  • 実施店舗が多い
  • 営業時間が長い

 

デメリット
  • 効果は個人差がある
  • 完全な永久脱毛は不可能

 

 

ニードル脱毛

脱毛の種類
光脱毛が普及する前は、このニードル脱毛が主流でした。

 

毛穴に細い針を刺し電気を流す事で、毛根を焼き切ります。そのため脱毛効果は抜群ですが、強い痛みを伴います

 

 

メリット
  • 半永久脱毛が可能
  • レーザー脱毛できない部位も可能

 

デメリット
  • 痛みが強い
  • 施術者によって差が出る
  • 時間がかかる
  • 高額

 

脱毛の種類
いかがでしょうか?

 

脱毛と言っても、様々な方法があります。
行きたいと思っているサロンがどの方法を取っているのか、必ず確認してから予約するようにしましょう